ファイナンシャルフリーへの道 ~その6~

平成29年12月22日 経済的自由の手段は?

前回までにお話しした経済的自由(ファイナンシャルフリー)に関する要点をまとめてみますと、(1)不労所得を理解し、自分にあった不労所得を探し出すこと、(2)「生き金」と「死に金」の違いを理解し、日々の生活の中で常に「生き金」を意識すること、(3)貯蓄の目的と期間を明確にし、その実現のために自分と約束し守ること、(4)お金の流れ(キャッシュフロー)を把握することを習慣づけることの四点でした。

以上の点を踏まえ、具体的な不労所得を得るための投資活動を行っていくこととなります。私にマッチした不労所得は、株式投資と不動産投資のハイブリット型で、その基本投資戦略はとてもシンプルです。不景気で市場が悲観し割安になっている投資対象物を出来るだけ多く購入し、10年以上の長期投資を行うだけです。株式市場で言えば、日経平均が8,000円から9,000円時に、優良会社の株式を大量に購入し、あとは時が経つのを待つだけ、という戦略です。そして、まとまったお金ができたら、不動産投資へシフトするといった感じです。

本日、10月決算の法人決算/申告が完了し、ホッと胸をなで下ろすことができました。 今まで、ほぼ相続税しか仕事をしてこなかったのでとても勉強になり、顧問先の法人様には感謝です。それにしても、決算書と法人申告書の別表4、5(2)の関連は、なかなか難解でした。 理解するのに、ほぼ半日以上かかりました…。トホホ…

来年早々、別の法人様のお仕事もいただき、これからもっと法人税を勉強しなければ、と思う今日このごろです。 それにしても、相続専門と掲げ開業しましたが…。ウ〜、柔軟に対応していこう!!

右下の「Next≫」をクリックすると、次のブログに行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です