相続の勘所 〜その4〜

平成29年9月19日  上場企業の役員で財を成した資産家

上場会社の役員で高額な報酬と持株会の株式で財を成した資産家は、当然知的レベルが高いため、その対応に国税当局がいつも以上に気を使うことは間違いありません。また、上場会社も国税当局も大きな組織で運営している点は同じであり、そういう意味で大きな組織のウィークポイントをよく知っていらっしゃいます。しかし、相続税調査の場合、資産家本人は既に他界しておりますので、その相続人である奥様やお子様が調査対象者となり、話しをお聞きするのが一般的です。奥様などとお話をさせていただくと、とても品があり、物わかりも良く、いや良すぎるため、ともすれば国税当局の言いなりになる傾向があるため、少し泥臭いけど信頼のおける税理士をアドバイザーにするのもいいかもしれません。

先週末、筋トレ仲間のM専務、Kさん、O君が、事務所に遊びに来てくれました。M専務からとても綺麗なお花をいただき、感激しました。ありがとうございます! 酒盛りは夕方4時に始まり夜10時に終了。その間、筋肉と筋トレ話に花が咲き、もうヘトヘトでした。

右下の「Next≫」をクリックすると、次のブログに行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です